RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
菜根譚 Sai Kon Tan
JUGEMテーマ:日々徒然
 

あまり、人生ノウハウブックは手に取らない性なのだけれど

菜根譚 Sai Kon Tan は私にとって特別な一冊!

●十年前、尊敬する元上司からお借りして呼んだのが

菜根譚との初めての出会いです。

若かりし頃に読んだのとは

印象、受け止め方が全く違い

今回は2度目の出会いですが

ある意味 詩的な文章が心に優しく響きました。

そんななかから、一節をご紹介。


「真の幸福をめざす」

苦しんだり楽しんだりしながら自分を磨いて

その結果得られた幸福は本物だ。

疑ったり信じたりしながら考え抜いて

その結果得られた知識は本物だ。

(前集74)


心底考えぬいた結果、自分の信じる道を進んでいければ

人として本望じゃない!?

と思う。

author:haru, category:BOOK, 20:15
comments(3), trackbacks(0), pookmark
原点ともいうべき
JUGEMテーマ:日々徒然

友人と話していて、ふと昔好きだった漫画を思い出し、

10年箱を開けた。

こんな調子じゃ大掃除もせず、年越ししそう。

10年箱とは=引越して10年間、捨てずにとっておいた開かずのダンボール箱。

この中から涙が出るほど懐かしい1冊の本が出てきた。



聖パンプキンの呪文 内田善美 作

小学生のころ愛読していた
漫画雑誌(りぼん)に掲載された

「パンプキン・パンプキン」 「銀河その星狩り」 「ひぐらしの森」

等を読んでからのファンです。

緻密でいてトーンにたよらずペンだけで表現される絵画のような美しさに圧倒され、

その記憶は新鮮なまま心に残っています。



そのころ、まだ小学生だった私。 あの時代、漫画家という枠を超えた

画力のある漫画家さんがいた。 それも時代なのかもしれない。

あの難解な台詞・世界観
にも幼い心にショックをうけたのです。

内田さんは現在は作家活動をされていないらしく、再版も許可されないらしいので、

今となっては古本を探すしかなく。

ほとんど持ってた内田さんの漫画達。 

「星の時計のLiddell」がなぁ〜い!!

他の10年箱もあけてみようか、年明けにしてみようか、悩みどころである。

興味のある方はどうぞ。 内田善美ファンサイト
http://www.ne.jp/asahi/workshop/ginkichi/uchida_top.html


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
広島ブログ
author:haru, category:BOOK, 10:20
comments(3), trackbacks(0), pookmark